値上げします

色々な言い方はあるかと思いますが、やっぱり今まで応援してくださってる皆様に負担をお願いすることになるわけですからここは正直にシンプルなタイトルにしておこうと。

 

値上げします。

三瀬賢太のソロパフォーマンスは今まで2000円で前売り無しだったのですが、前売り2000円・当日精算2500円となります。

 

 

もちろん色々なことを脳内シュミレートして出した結論なので様々な理由があるのですが、劇団員も増え出来ることが色々増えたのは皆さんも何となく察するとおりです。

自慢になりますが劇団コバヤシライタの公演は明らかにコンテンツが多くなりました。

それに伴う値上げというのが1番の理由です。

その分、本公演における物販などの充実、会場に入ったところから作品が始まるような世界観、動画配信などの公演以外での活動を充実させていきたいと考えてます。

 

そうです。

以前ツイッターでポロっとつぶやいた通り、日経平均が30000円を超えた頃にチケット料金は3000円にしたいと考えています。

しかし1000円以上の値上げには愛媛の演劇界全体で足並みを揃えないといけないところもあるのでこればっかりは代表一人の判断では決めれないなっていうのが正直なところです。

ただ物価も上がれば公演をうつための費用も上がります。

ぜひその時が来ましたらどうかお許しいただけたらと思います。

 

値段が上がると同時に劇団コバヤシライタにも「前売り料金制」を導入することも大きな変更点の一つです。

事前にチケットを購入していただくと予約して当日に精算するよりも安くなるという制度です。

「知ってるよ、前売り券だろ?他のとこでもやってるよ」と思うかもしれませんが、結構これは劇コバとしては事件なのです。

大阪府が大阪都になるくらいの事件です笑

今まで劇団コバヤシライタは前売り券という制度に消極的でした。

愛媛で劇団運営をする場合、むしろ前売り料金で買わないケースは稀だからです。

完全に飛び込みでしかも予約なしの人だけが当日券で入ることになります。

実質のところ前売り券は「知り合いがいれば安く買える券」となっていることは事実です。

そもそも劇団コバヤシライタはフライヤーも印刷してなかったので来てくださるお客様は全て”知り合い”だったのです。

それが去年の「いつかユークロニア」から状況が明らかに変わりました。

フライヤーもたくさんの人に手にとっていただけるようになり、動員も急激に伸びたわけです。

こうなると、「予約出来なかったから他の予定を入れたのに直前になって当日券を出してるじゃん!」みたいなお叱りも受けるようになって来ました。

確かに今の劇コバは松山公演ではほぼ全て当日までに席が埋まってしまいます。

そういう情報がまた噂を呼んで沢山の方に興味を持っていただいているのも事実だと思います。

それだったらそうやって早めに予約してくださる方にはチケット料の割引という形で還元してもいいのではないかと思ったのです。

 

ただ全ての前売り予約を解禁したわけではないです。

なんせ4年間もやってなかったので管理するシステムがありません…。

最初の段階として「Bar楽屋での購入もしくは劇団員・スタッフからの手売り」から解禁させていただきます。

これでおそらく予約してくださってる方の9割近くの方が対象になるかと思います。

実際に交流のある座組関係者から購入していただくかBar楽屋で美味しいカクテルを飲んだ帰りに予約をしてもらうと以前と変わらない料金で購入していただけるということです。

もちろん、「直接会う時間がないよ…」という方もいらっしゃるかと思います。

 

銀行振込・クレジット決済によるチケット取り置き

 

などのシステムは随時導入していこうと考えてます。

とにかくこちら側としては今までのチケットの販売方法がガラッと変わってしまいますのでお客様に大きな迷惑をかけてしまわないように慎重に解禁していこうかと考えてます。

 

確かにチケット料金は上がりますが内容だって向上していきますからね。

これからも見捨てずに応援してくださいね。

よろしくお願いします。

 

 

三瀬賢太