東温コントの会を立ち上げました。

劇団コバヤシライタを立ち上げて5年。

6年目になる2019年シーズンに新たな展開を発表します。

 

「東温コントの会」

 

劇団コバヤシライタで運営しますが、劇団とは別の独立した活動をしていきます。

活動内容としてはメンバーで一つの場所に集まりひたすらそれぞれが作品を書いていくという会を運営します。

運営と言えるのかな。

ただ集まるだけだし。

もちろんそこに集まった人で交流したりそこで新たな演劇の流れが生まれたり将来的にはコントの会で合同ライブが出来たら理想なのですがとにかくこの会の最大のコンセプトは「一番孤独な作品を作る時間を同じことをしてる人と共有すること」です。

 

今年から東温市地域おこし協力隊のアートヴィレッジ構想推進担当としてどうやったら東温市で舞台芸術が盛り上がるかということを考えてきました。

5ヶ月ほど考えて出てきた一つの結論が「素晴らしい芸術はその何倍ものたくさんの素晴らしいわけじゃないけど一生懸命作った芸術の中から生まれる」ということでした。

いくらレベルの高い芸術があってそれを肌で感じることも大切なんですけど、東温市を舞台芸術の聖地にするためには劇場にたくさんの人が訪れてもらわないといけません。

そのためには「観る人」も大切なんですけど「公演をする人」を兎にも角にも増やさないといけないよね、と。

 

「愛媛県で公演する人」を増やすために一番手っ取り早い方法が「作家を増やすこと」だと思ったんですね。

コントの会の活動としてはとにかく「書くこと」を最重要視します。

今まで書いたことない人も演劇をやってる人もお笑いをやってる人も誰でも大歓迎です。

作家になる単純で唯一の方法が「一定数の作品を作って何個か誰かに見せる」ことです。

その場を作って盛り上げていけば愛媛の演劇界は勝手に盛り上がっていくんじゃないかと。

 

これを読んだ人で「入ってみたい」と思った方はぜひお気軽にご連絡ください。

今のところ毎月木曜日に参加できるときに各々のペースで参加していくスタイルでいこうと思います。

ただただみんなで書いていけば気がつけば劇場が押さえられないくらい劇団が増えちゃうんじゃないか。

そんな野心を恥ずかしながら割と本気で思ってます。

もうコツコツ声をかけてグループラインには8人くらいになってるんですが来年からコツコツと活動していこうと思いますので皆さんよろしくお願いします。

 

三瀬賢太